You Tubeはじめました!

【FF14】ホットバー編集モードの使い方

ホットバー編集モード

目次

ホットバーのスキル配置を編集するのは大事

レベルが上がると、新しいスキルを覚えます。FF14では、新しいスキルを覚えると、ホットバーに自動でセットしてくれます。

それをそのまま使っていくと、スキル配置があべこべで使いにくい状態になってしまいます。

そこで、ホットバーのスキルを移動させて、自分にとって使いやすいスキル配置にしてしまいましょう。

スキル移動の方法

スキル移動の方法は、「マウス・キーボードモード」の場合と「ゲームパッドモード」の場合とで異なるので、順に紹介します。

マウス・キーボードモードの場合

マウス・キーボードモードで遊んでいる方は簡単です。

マウスで移動させたいスキルをドラッグ&ドロップすると、任意の場所に移動させることができます。

基本コンボを並べると、わかりやすいかもしれません。

例えば、キーバインド設定でスキルを設定するホットバーのキーをテンキーとか、数字キーにあてているなら、基本コンボを1、2、3の順で押せるように並べてみるとか。

ここら辺は好みになると思います。

もし、マウスでドラッグアンドドロップしているのに動かない!という場合は、スキル移動をロックしている可能性があります。
スキル移動ロックの確認方法

この鍵マークがキーボードモードのホットバーにも存在しており、この鍵が閉じていると、マウスによるスキル移動がロックされている状態です。

鍵をクリックすると、ロック解除とロックを変更することができます。

スキルをクリックして発動させる方法を取っている方は、スキル配置を変更したらスキル移動をロックしておくと、クリックしたときにスキルが動いたり、発動しなかったりといった誤操作を防ぐことができるのでお勧めです。

範囲を指定するタイプのスキルは、マウスでクリックしたほうが発動が早い場合もある気がします。

ゲームパッドの場合

ゲームパッドの場合でも、マウスで移動させることができます。

クロスホットバー(ゲームパッド用のホットバー)のスキル移動がロックされている事はほぼ無いと思いますが、移動できない場合はクロスホットバーの鍵マークをチェックしてみてください。

また、ホットバー操作でスキル移動を行うことも可能です。

ホットバー編集機能というものを使用します。

ホットバー編集機能をONにするには、RT or LT+セレクトボタン(PS4ではR2 or L2+パッドボタン)と操作します。

ホットバー編集機能をオンにした画面は以下の様になります。
ホットバー編集モード

「登録位置を編集したいスロット(スキル)を、使用時と同じ操作で指定してください」といわれます。

例えばストーンを移動させたいなら、ストーンを詠唱するときと同じように操作します。RT(R2)+〇ボタンですね。

ホットバー編集モードでストーンを選択した場合のイメージ

ケアルがすでに移動されてしまっていますが、ストーンを指定するとこのような画面になります。

現在、ストーンを移動させていますよ、と表示されていますね。

この状態で、先ほどと同じように移動させたい先の操作を行います。

先ほどのケアルの場所に移動させたいならRT(R2)+×ボタンで移動させられます。

ちなみに、別のホットバーのシートにも移動させられます。

シートを変更するときは、RB(R1)+十字キー or △○×□の任意のボタンでシートを変更できます。

スキルを使用するホットバーは、3ページ程度に収めた方が楽です。

スキルをホットバーから削除したい場合は、削除したいスキルを選択し、スキル移動モードに入った際にもう一度削除したいスキルがあった場所を指定すると、削除することができます。

例えば、先ほどの画像でストーンを削除したい場合は、RT(R2)+〇でスキルを選択し、再度RT(R2)+〇を操作することで削除ができます。

無詠唱のスキルは△○×□に設定しよう

無詠唱のスキルや、移動中に使用することが多いスキルは、△○×□に割り当てるととても操作しやすいです。

信用ならん!という方は、一度試してみてください(´・ω・`)

ダンジョンを攻略するようになると、移動しながら攻撃を行うことが増えてきます。

ほとんどのゲームパッドは、移動操作を行うスティックが左側にあります。

そのため、移動しながら十字キーを押そうと思うと、すごく操作しにくいです。

なので、無詠唱のスキルであったり、移動中にも発動させるスキルは、移動スティックと逆側のボタン(大抵は△○×□)に設定するのがおすすめです!

Copyright © 2010 – 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です